2014年07月03日

商品名:アカルディカプセル1.25は何の薬?

●商品名:アカルディカプセル1.25

●主成分:ピモベンダン(Pimobendan)


●この薬の作用と効果について

心筋の収縮タンパクのCaイオン感受性を増強させ、また、ホスホジエステラーゼ(PDE-III)活性抑制作用により血管を拡張して、息切れ・息苦しさなどの症状を改善します。

通常、急性心不全、慢性心不全(軽症〜中等症)の治療に用いられます。


●用法・用量(この薬の使い方)

急性心不全:通常、成人は1回2カプセル(主成分として2.5mg)を服用しますが、病態により1日2回服用することもあります。必要によりジギタリス製剤などが併用されます。

慢性心不全(軽症〜中等症):通常、成人は1回2カプセル(主成分として2.5mg)を1日2回食後に服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。

ジギタリス製剤、利尿剤などが併用されます。

いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。


●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、動悸、吐き気、心室性期外収縮(脈の異常の一種)、低血圧、皮疹、貧血、けん怠感などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

●まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

•めまい、動悸、胸の痛み、胸の不快感[心室細動]

•動悸、息切れ、胸部違和感[心室頻拍、心室性期外収縮]

•全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸]



以上
posted by ホーライ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓の薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

商品名:アイロメート錠20mgは何の薬?

●商品名:アイロメート錠20mg

●主成分:アフロクアロン(Afloqualone)


●この薬の作用と効果について

脊髄および脊髄上位中枢に作用して過剰な筋緊張を和らげ、筋肉のつっぱり、こわばり、麻痺などの症状を改善します。

通常、頸肩腕症候群・腰痛症における筋緊張状態の改善、脳血管障害・外傷後遺症などによる痙性麻痺の治療に用いられます。


●用法・用量(この薬の使い方)

•通常、成人は1回1錠(主成分として20mg)を1日3回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。

必ず指示された服用方法に従ってください。

•飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。

ただし、次に飲む時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで1回分をとばしてください。

絶対に2回分を一度に飲んではいけません。



●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、ふらつき、めまい、眠気、吐き気、食欲不振、腹痛、胃部不快感、発疹、かゆみ、脱力感、倦怠感などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


以上
posted by ホーライ at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 筋肉に関わる薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。