2014年06月15日

「アイソボリン点滴静注用25mg」は何の薬?

●アイソボリン点滴静注用25mg

●一般名:レボホリナートカルシウム

●【この薬の効果は?】

・この薬は、活性型葉酸製剤と呼ばれるグループに属する薬です。

・この薬は、フルオロウラシル(抗がん剤)の効果を高めるために使用されます。この薬自体には抗がん効果はありません。

・次の目的で処方されます。

・レボホリナート・フルオロウラシル療法

胃癌(手術不能又は再発)及び結腸・直腸癌に対するフルオロウラシルの抗腫瘍効果の増強

・レボホリナート・フルオロウラシル持続静注併用療法

結腸・直腸癌及び治癒切除不能な膵癌に対するフルオロウラシルの抗腫瘍効果の増強


○次の人は、この薬を使用することはできません。

・重篤な骨髄抑制(貧血、白血球減少、血小板減少)がある人

・下痢がある人

・重篤な感染症にかかっている人

・多量の腹水、胸水がある人

・心臓に重篤な障害がある人、または過去に心臓に重篤な障害があった人

・全身状態がわるい人

・過去にアイソボリンやフルオロウラシルに含まれる成分で重篤で過敏な反応を経験したことがある人

・テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤を使用している人および使用を中止して7日以内の人


●【この薬の使い方は?】

この薬は注射薬です。

●使用量および回数

通常、成人の使用する量と使用方法は、あなたの体表面積(単位:m2身長と体重から計算)や症状にあわせて、医師が決めます。

この薬はフルオロウラシルと必ず併用されます。症状によって休薬の期間が延びたり、使用量が変更されたりすることがあります。


●【この薬の使用中に気をつけなければならないことは?】

・この療法では、重篤な骨髄抑制(からだがだるい、発熱、めまい、出血が止まりにくい)などの副作用がおこり致命的な経過をたどることがあります。

このような症状があらわれた場合にはただちに医師に相談してください。

このため、使用中は定期的(特に使用開始初期は頻回)に臨床検査(血液検査など)が行われます。

・この療法では、重篤な腸炎により脱水症状があらわれ、致命的な経過をたどることがあります。

激しい腹痛、下痢などの症状があらわれた場合には、ただちに医師に連絡してください。



●副作用は?

激しい下痢:汗をかく、吐き気、激しい腹痛、水のような便、泥状の便

重篤な腸炎:発熱、吐き気、嘔吐(おうと)、激しい腹痛、下痢

骨髄抑制:からだがだるい、発熱、鼻血、歯ぐきの出血、息切れ、あおあざができる、出血が止まりにくい、出血しやすい


以上
【関連する記事】
posted by ホーライ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗悪性腫瘍剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック