2014年07月13日

商品名:アクセノン末は何の薬?

●商品名:アクセノン末

●主成分:エトトイン(Ethotoin)


●この薬の作用と効果について

中枢神経に作用することにより、てんかんの発作を抑えます。

通常、強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)に用いられます。


●用法・用量(この薬の使い方)

•通常、成人は1回0.25〜0.75g(主成分として0.25〜0.75g)を1日4回毎食後および就寝前に、小児は1回0.125〜0.25g(0.125〜0.25g)を1日4回毎食後および就寝前に服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。

一般に、初回は少量から始め、徐々に増量します。必ず指示された服用方法に従ってください。

•飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を飲んでください。

ただし、次の服用時間が近い場合は忘れた分をとばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。

絶対に2回分を一度に飲んではいけません。



●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、全身性の赤い発疹、頭痛、けん怠感、物が重なって見える、食欲不振、骨軟化症などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


以上

posted by ホーライ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中枢に効果のある薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

商品名:アキリデン細粒1%って何だろう?

●商品名:アキリデン細粒1%

●主成分:ビペリデン塩酸塩(Biperiden hydrochloride)


●この薬の作用と効果について

中枢神経に作用することにより、手のふるえ、筋肉のこわばりや動作が遅くなったりするのを改善します。

通常、パーキンソン症状の治療に用いられます。


●用法・用量(この薬の使い方)

•通常、成人は1回0.1g(主成分として1mg)を1日2回から始め、徐々に増量して、1日量0.3〜0.6g(主成分として3〜6mg)を数回に分けて服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。

必ず指示された服用方法に従ってください。

•飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を飲んでください。

ただし、次の服用時間が近い場合は忘れた分をとばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。

絶対に2回分を一度に飲んではいけません。



●生活上の注意

•眠気、調節障害、注意力・集中力・反射機能などの低下があらわれることがありますので、自動車の運転など危険を伴う機械の操作は行わないでください。


●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、幻覚、意識の混乱、不安、発疹、けん怠感・食欲不振・吐き気などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

•急激な発熱、筋肉のこわばり、手足のふるえ[悪性症候群]

•使用を中止しようとしても止められずに使用を続ける[依存性]

以上
posted by ホーライ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中枢に効果のある薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

●商品名:アキネトン細粒1%は何の薬?

●商品名:アキネトン細粒1%


●主成分:ビペリデン塩酸塩(Biperiden hydrochloride)


●この薬の作用と効果について

中枢神経に作用することにより、手のふるえ、筋肉のこわばりや動作が遅くなったりするのを改善します。


まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

•急激な発熱、筋肉のこわばり、手足のふるえ[悪性症候群]

•使用を中止しようとしても止められずに使用を続ける[依存性]




●通常、パーキンソン症状の治療に用いられます。


●用法・用量(この薬の使い方)


●•通常、成人は1回0.1g(主成分として1mg)を1日2回から始め、徐々に増量して、1日量0.3〜0.6g(主成分として3〜6mg)を数回に分けて服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。

必ず指示された服用方法に従ってください。

•飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を飲んでください。

ただし、次の服用時間が近い場合は忘れた分をとばして、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。

絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

以上


posted by ホーライ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中枢に効果のある薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

商品名:アーテン散1%

●商品名:アーテン散1%

主成分:トリヘキシフェニジル塩酸塩(Trihexyphenidyl hydrochloride)


●この薬の作用と効果について

脳内の伝達物質(アセチルコリン)の働きを抑える抗コリン作用により、手指のふるえ、筋肉のこわばりや動作が遅くなったりするのを改善します。

通常、向精神薬投与によるパーキンソニズム・ジスキネジア(遅発性を除く)・アカシジア、特発性パーキンソニズムおよびその他パーキンソニズム(脳炎後、動脈硬化性)の治療に用いられます。



●用法・用量

向精神薬投与によるパーキンソニズム・ジスキネジア・アカシジア:通常、成人は1日0.2〜1.0g(主成分として2〜10mg)を3〜4回に分けて服用します。

特発性パーキンソニズム、その他パーキンソニズム:通常、成人は1日目0.1g(主成分として1mg)、2日目0.2g(2mg)、以後1日0.2g(2mg)ずつ増量され、1日量0.6〜1.0g(6〜10mg)を維持量として、3〜4回に分けて継続して服用します。




●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、興奮、眠気、倦怠感、吐き気、口渇、便秘、排尿困難、発疹などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


以上
posted by ホーライ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 中枢に効果のある薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。