2014年07月03日

商品名:アカルディカプセル1.25は何の薬?

●商品名:アカルディカプセル1.25

●主成分:ピモベンダン(Pimobendan)


●この薬の作用と効果について

心筋の収縮タンパクのCaイオン感受性を増強させ、また、ホスホジエステラーゼ(PDE-III)活性抑制作用により血管を拡張して、息切れ・息苦しさなどの症状を改善します。

通常、急性心不全、慢性心不全(軽症〜中等症)の治療に用いられます。


●用法・用量(この薬の使い方)

急性心不全:通常、成人は1回2カプセル(主成分として2.5mg)を服用しますが、病態により1日2回服用することもあります。必要によりジギタリス製剤などが併用されます。

慢性心不全(軽症〜中等症):通常、成人は1回2カプセル(主成分として2.5mg)を1日2回食後に服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。

ジギタリス製剤、利尿剤などが併用されます。

いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。


●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、動悸、吐き気、心室性期外収縮(脈の異常の一種)、低血圧、皮疹、貧血、けん怠感などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

●まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

•めまい、動悸、胸の痛み、胸の不快感[心室細動]

•動悸、息切れ、胸部違和感[心室頻拍、心室性期外収縮]

•全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸]



以上
posted by ホーライ at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓の薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

商品名:アイロクール錠10 は何の薬?

●商品名:アイロクール錠10

●主成分:一硝酸イソソルビド(Isosorbide mononitrate)



●この薬の作用と効果について

心臓へ酸素や栄養を供給する血管を拡げて胸痛を改善したり予防したりします。

また、全身の血管の抵抗を減らして心臓の負担を軽くします。

通常、狭心症の治療に用いられますが、すでに起きている胸痛の発作や症状を速やかに改善する薬ではありません。



●用法・用量(この薬の使い方)

•通常、成人は1回2錠(主成分として20mg)を1日2回服用します。

年齢・症状により適宜増減されますが、効果不十分な場合には1回4錠(40mg)を1日2回まで増量されることもあります。

ただし、労作狭心症または労作兼安静狭心症で発作回数および運動耐容能の面で重症と判断された場合には1回4錠(40mg)を1日2回服用することもあります。

必ず指示された服用方法に従ってください。


●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、めまい・ふらつき、動悸、頭痛、頭重感、全身倦怠感、発疹、かゆみ、腹痛、吐き気などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


以上
posted by ホーライ at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓の薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

商品名:アイトロール錠10mgは何の薬?

●商品名:アイトロール錠10mg

●主成分:一硝酸イソソルビド(Isosorbide mononitrate)


●この薬の作用と効果について

心臓をとりまく冠状動脈を拡げて血流量を増やし、心臓に酸素や栄養を補給するとともに、全身の血管の抵抗を減らして心臓の負担を軽くします。

通常、狭心症の発作の予防や治療に用いられます。急に起こった発作をすぐにしずめるために使用する薬ではありません。


●用法・用量(この薬の使い方)

通常、成人は1回2錠(主成分として20mg)を1日2回服用しますが、年齢、症状により適宜増減されます。

効果が不十分な場合は1回4錠(40mg)を1日2回服用します。

必ず指示された服用方法に従ってください。



●この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、頭痛、頭重感、めまい、動悸、発疹、そう痒感などが報告されています。

このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。

このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸]


以上


posted by ホーライ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓の薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。